目次

  1. ANAマイレージクラブ
  2. ANAマイレージクラブ入会方法
  3. ANAカードをメインにつかう
  4. 飛行機に乗ってマイルをためる

 今回は、国内の最王手航空会社、全日本空輸株式会社(ANA)のマイルを貯めることにフォーカスしたことを書いていきます!JALのマイルについて以前に「日本航空(JAL)を簡単解説#2」で記事にしましたが、ANAにも同様にマイル制度があり、JALとは似て非なる内容となっております。

個人的には、飛行機に乗らない人でも貯めやすいのがANA、貯まったマイルを使いやすいのがJALと言った印象です。皆様の生活スタイルによって貯め方も使い方も十人十色、無限と言っては言い過ぎですが、奥が深いのがマイルの魅力でもあり、難しさでもあります。それでは、ANAマイレージ制度についてお話をしましょう。

1 ANAマイレージクラブ

 ANAではマイル獲得、利用するにあたり『ANAマイレージクラブ』への会員登録かANAカードの申し込みが必須です。入会方法はネットが主な申し込み方法になるかと思いますので後程、ご紹介します。ANAカードではクレジット機能付きや、交通系IC機能を搭載したカードが、細く分けると60種類以上の中から選ぶ事ができます。

みなさんの生活スタイルに合わせてカードを選んで頂く事になりますが、正直これは本当に迷います(汗)もっともベーシックなものはJCB系かVISAの一般カードかと思いますが・・・どうしても悩まれる方は、右側に『カードを比較』と言うバナーがありますので、そこで最大3枚まで比較を一覧にしてくれる機能も活用してみてください。

2 ANAマイレージクラブ入会方法

ANA公式ホームページ

左上の『ANAマイレージクラブに入会する』をクリック

ページ中段にある『新規入会はこちら』をクリック

 ※ANAカードから入会する場合は右側のANAカードについてをクリック

規約を確認し、同意にチェックを入れ、

居住地域や送付物の項目について入力して次へをクリック

お客様情報・住所・Eメールアドレス等を入力し次へをクリック

登録内容の確認を行い登録するをクリック

登録完了画面とお客様番号が表示されますので、念のために控えておきましょう。

上記の手続きが完了し、カードがお手元に届いたら、早速カードを活用し、マイルを獲得しまくりましょう!

ANA公式ホームページ→https://www.ana.co.jp

3 ANAカードをメインにつかう

ANAカードを取得したら、日常の買い物などでお得にマイルを貯めていきたいですよね。特に、飛行機に乗らずにマイルを貯める方には必聴のサービスが2つ用意されています!

一つ目は、『ANAカードマイルプラス』

こちらは、クレジットカード会社のポイントとは別に追加で付与されるボーナスマイルを獲得できるサービスで、これに加盟している店舗にてANAカード決済をすると0.5%~1.5%のボーナスマイルを獲得できます。いちいち加盟店を確認して買い物しなければいけないの?なんて思われるかもしれませんが、そんなことはありません。百貨店や、スーパー、ガソリンスタンドの決済をANAカードで行うだけなのですが、ANAカードマイルプラス加盟店には、ある傾向があります。

それは・・・セブンアンドアイホールディングスグループはANAカードマイルプラスに加盟している可能性が高いです!

反対に、イオン系はJALの同様のサービスに加盟していることが多く、ある程度ANAとJALで棲み分けをしているように思われます。ガソリンスタンドのエネオス等は両方に加盟してることもあるので、JALカードを持つ二刀流の方は、どちらをメインにするかよく検討する必要があります。この傾向をある程度知っていれば、生活の中で効率的にマイルを貯めることができます。

二つ目は、、『ANAマイレージモール』

このご時世、あまり外出をせず、ネットで買い物を済ます方もさぞ多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのはANAマイレージモールを経由して提携パートナー企業でネットショッピングをすることです。仕組み的にはANAカードマイルプラスとほとんど同じで、100円、200円に月で1マイルないし2マイルがボーナスで付与されるサービスです。しかし、こちらは注意が必要で、ネットで買うよりも店舗のほうが安いことが多々あります。

特に、家電製品の買い物を検討されている方はANAカードマイルプラスの店舗に行って買い物するほうが良いこともあります。これ以外にも、ANAではふるさと納税や保険など、暮らしを総合的に豊かにしてくれるサービスがあり、そこでもボーナスマイルを獲得できるものもありますのでぜひ公式ホームページをチェックしてみてください。

4 飛行機に乗ってマイルをためる

これまで、ショッピングでマイルをためる方法をご紹介しましたが、もちろん、飛行機に搭乗して貯めることが最も効率的にためることができるのは言うまでもありません。まずは、ANAもしくは、ANAグループ便の航空券を予約する際、お支払いをANAカードにすることで、100円につき1マイルが付与されます。また、ANA、ANAグループの便に搭乗することで、その路線の距離に応じて区間マイルを獲得することができますが、ここで注意したいのは、購入した航空券の種類や、保持しているカードの種類によって付与されるマイル数が異なるということです。

例えば、東京-大阪間ですと下記のようになります。

東京-大阪間

100%(区間基本マイル)75%70%50%30%
28021019614084

上記をご覧いただけば、搭乗することで獲得できるマイルはショッピングで獲得するよりもかなり効率よく貯めることができることをお分かりいただけるかと思います。また、この区間マイルには、時期によってキャンペーンを行っていることがあり、区間マイルを2倍もらえたり、定められた期間中に規定回数搭乗するとボーナスとして2,000マイルが付与されたりすることがあります。航空券を購入する際には、必ず、ホームページを確認し、お得なキャンペーンが実施されていないか確認するようにしましょう!

まとめ

ANAマイルの貯め方についていかがでしたでしょうか?冒頭にANAはマイルが貯めやすい印象があると書きましたが、個々のライフスタイルによってもJALの方が貯めやすいという方もいらっしゃるかと思います。各々の生活に合わせて貯めやすい方法をANA公式ホームページにて探ってみてください。昨今の情勢のなかでも、様々なキャンペーンが実施されていて、随時内容が更新されています。お得な情報を見逃しなく!

ANA公式ホームページ→https://www.ana.co.jp